新着情報
埼玉県立日高特別支援学校ホームページ・サイトポリシー
この埼玉県立日高特別支援学校ホームページは埼玉県立日高特別支援学校が運営しています。
以下のPDFファイルをよくお読みいただき、記載されている条件に同意の上、ご利用ください。

埼玉県立日高特別支援学校ホームページ・サイトポリシー
お知らせ

お知らせ

ユニクロマスクを寄贈されました

ユニクロでお馴染みの(株)ファーストリテイリング社様から

ユニクロマスクの寄贈(Sサイズ・Мサイズ)を受けました。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

Sサイズを小学部に、Мサイズを中・高等部に配布しています。

残りは教職員で使用します。

各家庭でご活用いただければと思います。

 

ファーストリテイリング社様、ありがとうございました。

0

3学期開始に伴う新型コロナウイルス感染症への対応について

 新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 さて、本日より3学期が始まります。 しかしながら新型コロナウイルスの感染が拡大している本県を含む 首都圏に緊急事態宣言が再発令されました。
 つきましては、改めて感染症の対応をお知らせし、 共に感染防止対策を図っていきたいと考えておりますので引き続き のご理解とご協力をお願いいたします。

1 ご家庭での健康観察を引き続きお願いいたします。 発熱等の風邪症状がある場合、家庭内に体調不良者がいる場合は、 登校をお控えください。 症状が治まり1日から2日間容態が安定した後の登校をお願いいた します。
  なお、体調不良及び感染不安がある場合で登校を自粛する場合は「 出席停止」扱いとなります。

2 児童生徒及びご家族が感染者、濃厚接触者( 濃厚接触者と疑われる場合も含む)となった場合、 また体調不良等のためPCR検査を受ける場合は、 速やかに学校にご連絡ください。「出席停止」扱いとなります。 PCR検査の結果については必ず速やかに学校にご報告ください。

3 利用している放課後ディサービス等の利用者、職員が感染者、 濃厚接触者(濃厚接触者と疑われる場合も含む)となった場合、 また体調不良等のためPCR検査を受ける場合は、 速やかに学校にご連絡ください。 状況を確認し対応を検討させていただきます。

4 学校課業中に児童生徒の感染情報があった場合
  一斉メールにてお知らせいたします。学校の活動は一旦停止し、 お迎えをお願いいたします。 スクールバスやディサービスの利用は集団感染発生の懸念から利用 できません。お迎えの手段を事前にご確認ください。 やむを得ずお迎えができない場合のみ学校へご相談ください。
  臨時休業の措置・範囲については、 保健所等の指示を受けながら期間等も含め判断いたします。

5 教職員も上記と同様の対応を取らせていただきます。

0

就学・転学に係る相談会について

以前「連携・支援」のページに載せておりました「令和2年度学校就学相談等年間計画」の資料で、就学・転学に係る相談会の日程が12月4日(金)となっておりましたが、12月9日(水)に変更となっております。

0
全校の出来事

全校の出来事

令和2年度 修了式

感染症対策のため、放送での修了式となりました。

校長先生から、次のようなお話がありました。

「先週の卒業式では、式に参加することはできませんでしたが、『卒業生を送る歌とことば』をありがとうございました。皆さんの感謝と応援の気持ちがしっかり伝わりました。オンラインでの参加もありがとうございました。

 さて、児童生徒の皆さん、進級おめでとうございます。誰もが経験した事のない辛抱と我慢が続く中、よく頑張りました。一日一日を大切に授業に取り組み、可能性を伸ばし、大きな自信と経験を得ることができたことと思います。次の学年でもチャレンジ精神を発揮し、努力を積み重ねてください。応援しています。

 春休みの期間、健康第一で過ごし、令和3年度を元気にスタートしましょう。」

 このあと、校歌と『風になりたい』を聴き、全体の式は終わりました。

 修了証は校長先生が各教室を回り、授与しました。

 これまでとは一変した新しい学校生活の中、一年間を締めくくれたことをうれしく思います。

 

 

 

 

 

 

0

全校卒業式が挙行されました

 桜のつぼみが今にもほころびそうな暖かさだった昨日、第37回小学部中学部、第36回高等部卒業証書授与式が行われました。

 感染予防のため在校生は別室での参加となり、在校生の送る言葉や卒業生の言葉もお互いオンラインで行われました。

 厳粛かつ温かな雰囲気の中で、卒業生一人一人がとても良い表情や態度で卒業証書を受け取ることができました。

 在校生による卒業生を送る言葉を受けて卒業生も最後の思いを言葉に託して自分を表現できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

3学期始業式

2回目の緊急事態宣言が発令される中、3学期がスタートしました。

始業式は放送により行われました。

校長先生から次のようなお話がありました。

「新年、おめでとうございます。新型コロナウィルスの感染拡大により、埼玉県においても緊急事態宣言が再発令される中、児童生徒の皆さんに大きな変化がなく、新しい年と3学期がスタートできることをうれしく思います。新型コロナウィルスについては依然として警戒が必要です。手洗いや換気など、感染防止対策を日々実践していきましょう。

 今年は丑年です。「牛の歩みも千里」という言葉があります。牛のようにゆっくり進んでもいずれは千里先の遠くに届くという意味で、何事も怠らずにコツコツと努力を続ければ、いつかは大きな成果を上げることができるという意味です。3学期は卒業や進級が控えています。友だちや先生との授業、日々の頑張りをコツコツと積み重ね、心と身体の成長とともに、可能性を伸ばし、大きな自信を得てほしいと思います。」

また、ぼうさい甲子園で奨励賞を受賞したことの報告がありました。この記事は令和2年12月24日の毎日新聞に掲載されました。

続いて校歌を聴き、選挙管理委員会から、児童生徒会役員選挙についてのお知らせがありました。

最後に『風になりたい』を聴き、式は終了となりました。

0

2学期終業式

2学期の終業式が放送で行われました。

校長先生から次のようなお話がありました。

「コロナウィルス感染拡大により、誰も経験した事のない1年になりました。休校や分散登校、行事の中止など、辛抱や我慢の年でした。そのような中で、皆さんは学校で友達や先生と学び合い、個性を育て、可能性を広げてきました。授業の中で、できたこと、わかったことがたくさんあったと思います。同時に、できなかったこと、わからなかったこともあったと思います。プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスなどで監督をした野村克也さんは、「失敗と書いて成長と読む」という言葉を遺しました。これは「失敗を次につなげることが大切」という意味です。できなかったこと、わからなかったことを次につながる大切な学びとしてとらえ、これからもいろいろなことにチャレンジしていきましょう。感染防止に気をつけながら、笑顔で3学期を迎えましょう。」

続いて、校歌、『風になりたい』を聴き、終了となりました。

全校で集まれない、思い切り歌を歌えないなど制限のある中ですが、無事2学期の節目を迎えることができました。

0