自立活動部の概要

 今年度は、小学部4名、中学部2名、高等部2名、自立活動専任3名の計11名の体制となりました。各学部との連携をより深めながら本校の自立活動を推進する体制を維持しつつ、日々の指導を支えます。

 自立活動専任は、自立活動に関する各種の相談への対応を通して、子どもたちの日々の学びの場にも深く関わりをもちます。

 自立活動部として全職員向けの基礎研修、摂食研修、プール指導研修、姿勢づくり研修、感覚と運動の高次化理論研修など自立活動にかかわる研修の実施や学習会の開催、自立活動流れ図の推進と定着を目指した丁寧なフォローアップなどの具体的な業務を前向きに推進してまいります。

自立活動授業風景等

自立活動授業風景&学習会報告

中学部・虹グループの自立活動の様子

足首にかたさがあるお子さんへのアプローチを行っています。

膝が曲がらないように押さえた状態でかかとを手前に引きつつ、前腕部でつま先周辺を軽く押し込んで足首に入っている力を緩めて背屈するように誘導しています。

足首がかたく、尖足(つま先立ち)気味なので、足首をしっかりと曲げて足裏をマットにつけて踏みしめる練習もあわせて行っています。

足裏がしっかりマットにつくように足の甲を支援しつつ、膝を手前に放物線を描くように引いて足裏でマットを踏みしめるように促します。

お子さんも教員の動きに応じて腰を少し浮かせて軽くブリッジのような姿勢をつくり、足裏でしっかり踏みしめています。

歩行動作の前に横になった状態でこのような学習を行い、よりよい動きを引き出すよう努めています。

0